年齢に負けない肌は水分量で決まる

乾燥肌の人が最も注意するべきお手入れはクレンジングです

日常生活

微笑む女性

肌は季節によって調子が変化することもあります。特に問題の乾燥が酷くなるのは冬場であり、冬は冬用の化粧品に全て入れ替えるというような人もいるのです。
冬場は普通にいつものお手入れをし、いつも通りに行動しているだけでも空気が違います。ですから、外の風や乾燥した空気に当てられているだけで肌の表面にある水分はあっという間に蒸発してしまうのです。
当然それは日中もそうですが、スキンケアをする段階でも同じことなのです。いつもと同じようにクレンジングをしていても、まず乾燥によって肌が自然と傷んでいますから夏場のクレンジングでは少々刺激が強いことがあります。
当然、洗い方にもそれは影響してくるようになります。夏場と同じように洗っていれば、乾燥によって弱っている肌を傷つけて更に乾燥を悪化させてしまうこともありますし、中には蕁麻疹がでるようなこともあります。
化粧水や保湿液も夏場と同じような、ものでは効果がありません。乾燥度合いが夏に比べて酷い上に、肌ダメージも倍になっているのですから当然です。
このあたりを把握しないで利用している人が多いために、季節の変わり目は肌トラブルが頻発するようになっているわけなのです。

しかし、自分の肌をよく理解していれば、そのような乾燥やクレンジングのトラブルを避けることができるようになっています。また、季節ごとにその場その場での対応も必要ではありますが、それ以上に自分の肌自体を綺麗に整えて肌質を改善してくことも必要になってきます。