定期的な検査が重要|沢山の種類があるうつ病【細やかな治療で心のリカバリー】

沢山の種類があるうつ病【細やかな治療で心のリカバリー】

  1. ホーム
  2. 定期的な検査が重要

定期的な検査が重要

診察室

悪化する前に治そう

うつ病を治すためには、専門医の力が不可欠です。ですが、心療内科や精神科にあまり良い印象を抱いていない方も少なくありません。薬の依存性や副作用についての不安や、治療方針についてなど、疑問に思うことが多いことがその理由として挙げられるでしょう。確かに以前の抗うつ剤は依存性が高く、また副作用も重く、体への負担が大きいものでした。ですが、今現在用いられている薬の多くはその当時とは異なり、依存性がかなり低く、副作用がほとんど出ないものばかりであるため、そのような心配は無用であるといえるでしょう。また、治療についても薬物療法中心ではなく、精神療法が中心となっているため、薬に頼りきった治療を行うこともありません。うつ病治療は、早期から始めることができれば重症化を防ぐことができる可能性がぐっと高まります。完治までに時間がかかり過ぎることや強い薬に頼らずとも症状を軽くすることができます。逆に、対処が遅れれば症状の悪化を招き、日常生活に支障が出ることも十分に考えられます。先入観をなくし、うつの症状が見られた場合にはすぐに専門医の判断を仰ぐことがうつ病治療の第一歩であるといえるでしょう。なかなか心療内科へ赴く気になることができない方の中には、「自分が本当にうつ病なのかがわからない」という方も多くみられます。そのような方の場合、専門医の治療を受ける前にまずは自己診断を行ってみることをお勧めします。うつ病の自己診断には、専用のチェックシートを用います。心療内科や精神科のホームページなど、インターネット上のあらゆる場所で公開されており、無料で利用することが可能です。いくつかの質問に回答するだけで、自身のうつ病の可能性を調べることが可能です。また、うつ病と同時に発症しやすい不眠症や過眠症などの睡眠障害についても調べることが可能なチェックシートもあります。このような自己診断のためのツールを利用することで、自分が感じているストレスの状態を簡単に調べることができるのです。さらに、自分自身だけではなく、家族とも行うことで、家庭内でメンタルチェックを行うことも可能になります。チェックシートの中には結果を印刷することが可能なものもありますので、プリントアウトしたものを心療内科へ持ち込めばよりスムーズに相談することができるようになります。早めのうつ病治療のために、普段から自己診断を行うのがよいでしょう。