年齢に負けない肌は水分量で決まる

乾燥肌の人が最も注意するべきお手入れはクレンジングです

洗い流す

肌を見せ合う

当たり前の知識ではありますが、クレンジングで一番いけないのが摩擦と乾燥です。クレンジングは確かに化粧品をしっかり落とすことが重要な商品ではありますが、必要な油分まで全て落として乾燥させてしまうことがあります。これには肌質によって使い分けられるように様々な種類があり、その種類によって摩擦の度合いや乾燥具合が大きく変化します。
まず、定番のクレンジングといえばオイルです。最近ではオリーブオイル入りの商品が乾燥を防ぐと人気になっています。オイルはするすると顔へ伸びて使いやすくなっており、化粧品もしっかり落として隅々まで綺麗にしてくれる効果を持っています。
しかし、中には界面活性剤が入っている商品があり、ものによっては顔に必要な油分も持って行き、乾燥を激しくさせてしまう可能性があります。ですから、乾燥肌で悩んでいる人は特に注意が必要です。
毎日ではなく、特別な角質ケアとしてこれを利用すると良い効果を得られます。

次にクリームです。これは乾燥で悩んでいる人にはオススメの商品であり、こっくりとしたクリームで化粧を落とせるようになっています。ややテクスチャは重めになっていますがくるくると余計な摩擦無く使えるようになっています。
油脂肌の人にはあまり向かない化粧品ではありますが、インナードライや乾燥肌の人にはオススメです。
最後にミルククレンジングです。これはクリームとオイルの中間のような形となっており、サラサラとしていて伸びが良い便利なテクスチャをしています。メイクもよく落ちる上に肌へのダメージがそう大きくありませんから、迷っているのならこれを使っていれば間違いありません。

化粧品を選ぶ場合には、洗いあがりの肌がどうなっているのか、乾燥しているのか、つっぱっているのかを把握し、それに合わせた商品を利用して下さい。